第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

一陸技への”裏技”とは

このブログでは一級陸上無線技術士の資格取得を

簡単にするためのコツや暗記項目を紹介します。

 

あくまで簡単に資格取得を目的としているので

各科目の正確な理解を目指していませんが

ブログを読んでもらうだけで資格が取れるように

要点や裏技だけをできるだけ簡潔に書いていきます。

 

一陸技とは

一陸技取得のメリット

勉強法

 

■裏技

無線工学の基礎

無線工学A

無線工学B

法規

 

選択肢に迷ったら 

秘密兵器

 

 

ちなみに、このブログの管理人も当然ながら

一級陸上無線技術士の資格を取得しています。

 

どのように勉強したのかというと、

最初は真面目に各単元を理解していこうと頑張っていたのですが

非常に範囲が広く、社会人の身ではなかなか時間がとれず

徐々に勉強時間もモチベーションも下がってしまい

途中で断念してしまうことが何度もありました。

 

資格を取ろうと思ってからしばらくは

知識レベルが全然上がらなかったので

結局、何年間も受験の申し込みすらしない状態でした。

 

これじゃあ、いつまでたってもダメだと思い

どうすれば短い時間で資格を取得できるかを真剣に考え

編み出したのが本ブログで紹介する”裏技”です。

 

裏技を考えるのにはそこそこ時間がかかりましたが

完成したものは効果てきめんで、無線工学を深く理解しなくても

簡単に試験の点数を上げることに成功しました。

 

一陸技の試験問題を解くには3つの方法があります。

①.無線工学をしっかり理解し実力で答えを導き出す

②.意味など深いことは考えずに問題と答えを丸暗記

③.ここで紹介する裏技を活用し簡単に答えを出す

 

もちろん、①をちゃんとやるに越したことはないのですが

範囲も広く内容も非常に高度で本当に大変です!

 

実は一陸技の試験は、過去に出題された問題が

そのまま出たり、数値を変えるだけの問題がほとんどです。

ということは②、③だけでもかなりの問題が解けるということです。

 

実際に、私は②、③だけで合格しましたし

資格を取得後も趣味で何年間も試験問題をウォッチしていますが

やはり、同じ手法が使えるんだなという感触を得ています。

 

もちろん、資格取得後は無線従事者として業務をするのだから

「暗記や裏技などではなくちゃんと内容を理解をすべきだ」

という考え方もあると思います。

 

ただ、同じ資格をもっている無線従事者でも

その業務はそれぞれ多岐に渡るので

人それぞれ必要とする知識や技術は違ってくるはずです。

 

むやみに全部理解するのではなく

まずは資格を取って無線従事者として業務を始めてから

それぞれの業務に必要な知識、技術の向上を図っていけばいいと

私は思っています。

 

このブログを見てくださった方には

資格取得というハードルは簡単に超えていただき

無線従事者としての一歩を踏み出していただきたいと願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 ※掲載の問題および回答のすべての著作権は、「日本無線協会」にあります。