第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

一陸技とは

第一級陸上無線技術士(通称:一陸技)は

無線設備の操作に関する最上位の資格とされていて

放送局、電気通信業務用等の固定局、無線測位局等

すべての無線局の無線設備の技術的な操作を行うことができます

当然、試験の難易度も非常に高いです。

 

下位資格に陸上特殊無線技術士(陸特)というものがあり

移動体通信業界などで必要になることが多く

陸特を取得されている方も多くいらっしゃると思います。

 

ただ陸特は養成課程といわれる講座を修了すれば

資格を取得することが可能でその修了率は99%に近い数字です。

つまり言い方悪いですが、陸特はお金を払えばだれでも取れる資格といえます。

 

もちろん陸技を取得されている方にも、難関国家試験を突破した方や

十分な知識・技術を持っている方も大勢いますが

先に述べたように陸特自体がだれにでも取れる資格となっていますので

評価や地位を向上させるためにぜひ上級資格である一陸技を取得しましょう。

過去問集少しの努力だけで誰でも合格できます!

 

では、一陸技の資格を活用できる仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

一陸技ではすべての無線設備の操作ができるので

例えば以下のような業界で需要があります。

 

・テレビ局、ラジオ局

・携帯キャリア(ドコモやソフトバンク)

・地方自治体、警察、消防

・通信機メーカー

・試験・認証機関

 

また、一般的に無線のエキスパートとして認知されている資格なので

直接業務とはかかわりがなくても、名刺の肩書に記載されていることも多いです。

 

無線(高周波)というのは電気系の中でも

かなりレアな分野ですが、最近の5GやIoTの盛り上がりで

無線業界の人材は引く手あまたとなっています。

その中でも「一陸技」という国家のお墨付きがあれば

かなり貴重な人材となりますので

 ぜひ、取得することをお勧めいたします!