第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

法規

法規の各項目についての攻略法を説明していきます。

 

法規は基本的に覚えるしかないのですが

問題によっては出題パターンや答えが決まっているものがあります。

また、効率的な覚え方なども紹介していきます。

 

【総則】

  1. 目的、定義
  2. 定義等(1)
  3. 定義等(2)
  4. 電波の形式の表示
  5. 空中線電力の表示

 

【無線局の免許等】

  1. 無線局の開設
  2. 予備免許

 

法規の試験は全20問、配点は1問5点で100点満点です。

合格点は60点になります。

聞かれるところはいつも同じなので

問題文よりは選択肢に注目して、どれが正解か不正解かを覚えてしまうことです。

 

例えばこちらは平成26年7月の1問目の解答ですが

f:id:musen_shikaku:20200619012526p:plain

選択肢で覚えてしまえば、問題を見なくても答えがわかってきます。

たとえば下の2つですがどちらが正解なのかを覚えてしまうだけです

 

「公平かつ能率的」or「合理的」

「音声」or「音声その他音響」

 

深いことは気にしないで

「公平かつ能率的」は〇、「合理的」は✕ などと覚えてしまいます。

同じように「音声」は✕で、「音声その他音響」は〇と

それだけなんども繰り返して覚えこんでしまえば大丈夫です。

じつは「合理的」のほうが正解だった!というような

問題の出し方は絶対にされません。

 

どのワードが入っていると正解なのか不正解なのかを意識しながら

問題を解いていけばすぐに覚えられると思います。

 

基本的には暗記で苦痛だと思いますががんばってください。