第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

目的、定義

f:id:musen_shikaku:20190714160344p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成26年7月)

これは頻出問題ですが、出題のパターンが決まっています。 

何パターンか問題がありますが覚えることは意外に少なく

これだけ覚えてしまってください。

 

・電波法の目的=公平かつ能率的な利用

・無線電話=音声+その他の音響

・無線局=無線設備+無線操作を行う者

・無線従事者=操作又はその監督を行う者

 

あとは出る可能性が高いのは以下の2点なので

ここまで覚えてしまうと完璧です。

・電波=300万メガヘルツ(3テラヘルツ)以下

・無線設備=電気的設備

 

この手の問題は法規をきちんと覚えようとすると

頭が混乱してくるので、正解と誤答を覚えてしまいます。

 

 

音声その他音響   音声

公平かつ能率的な  合理的な

操作を行う     所有する

 

言い回しを変えてきたりするような事はありませんので

そのままの言葉で覚えてしまってください。

 

 

この問題の答えは

「2」になります