第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

パルス立ち上がり時間の値

f:id:musen_shikaku:20190714191715p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成27年7月)

パルス波形の立ち上がりの問題ですが
これはサービス問題です。

 

真の立ち上がり時間:A

オシロの立ち上がり時間:B

測定される立ち上がり時間:C

 

としたとき A^2+B^2=C^2 が成り立ちます

簡単な整数で成り立つのは

3,4,5または6,8,10の組み合わせしかないので

設問の数字に3、4ときたら答えは5

6、8なら答えは10になります

 

一陸技の試験は電卓を持ち込むことができません。

なので、あまり複雑な平方根の問題などは出すことができないので

このように簡単に計算できる数字の問題となることが多いです。

 

答え 「2」

 6^+8^=100=10^2