第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

電波の形式の表示

f:id:musen_shikaku:20190714215537p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年7月)

電波の型式の問題です

これは覚えるのしかないのですが

変調の型式は種類が多く覚えずらいので諦めましょう

1B

↑  この部分が変調の型式です

 

残りの変調する信号の性質と伝送情報の型式を覚えれば大丈夫です。

 

信号の性質は覚える方法あります。

まず、四捨五入と同じように4以下と5以上で分けて考えます。

4以下:単一チャネル

5以上:複数チャネル

となります。またその中でも小さい順にデジタル、アナログと並んでいます。

中でも、デジタル信号である2チャンネル以上のもの「7」というのが

一番よく出るのでこれは絶対に押さえておいてください。

f:id:musen_shikaku:20190714220051p:plain

 

また伝送情報の型式も以下の4つだけ押さえておけばほほ大丈夫です。

データ通信はデータのDで覚えやすいですが

他の型式も頻出ですので、覚えてしまってください。

  • ファクシミリ:C
  • データ通信 :D
  • 電話    :E
  • テレビ   :F

 

答え 「2」

7はデジタル2値以上ですので、これが間違いとなります