第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

予備免許

f:id:musen_shikaku:20190721143830p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年7月)

 

予備免許に関する出題もパターンが決まっています。

 

1つは期限についてで、

問題では「着手」か「落成」かどちらかを聞かれます。

工事自体はいつ始めてもOKですが

無線設備が完成する落成期限はしっかり決めなければいけません。

これは普通に考えれば感覚的にそうだと納得できますね。

 

2つ目は電波の型式や周波数、空中線電力などの

使用する電波の具体的な情報についてですが問題で出てくるのは

「空中線電力」か「空中線電力および実効輻射電力」です。

この問題だけではありませんが

選択肢に実効輻射電力が入っているのはすべて誤りなので

そう覚えてしまってください。 

 

3つ目は運用時間に関してですが

「義務」か「許容」のどちらか?が聞かれます。

基本的に無線通信は最低限の通信で行うこととされているので

通信を「義務」とするのはおかしいですよね

決められた時間のみ許可されるので「許容」が正解です。

 

答え 「2」