第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

FET 図記号と伝達特性

f:id:musen_shikaku:20191207182833p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年7月)

FETの問題です、似たような図記号でややこしいですが

こちらも覚えるポイントは簡単です

 

まず、D(ドレイン)からS(ソース)までの経路に注目してください

f:id:musen_shikaku:20191207183315p:plain

この黄色で示した経路が切れているものとつながっているがあります

この差は0Vのときに違いがあります

線が切れている=電流が流れない

線がつながってる=電流が流れる

 

もう一点は、矢印の向きに注目してください

f:id:musen_shikaku:20191207184121p:plain

FETの図記号の矢印とVGSの矢印が

同じ向き=VGSが増加すると電流の絶対値が増える

違う向き=VGSが増加すると電流の絶対値が減る

 

この二つだけ覚えていればすべてのグラフを理解できます

 

この問題は「4」のグラフ 

線が切れているのに0Vで電流が流れています、間違いです

 

答え 4