第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

磁界中を正方形導線が移動した時の誘起電圧

f:id:musen_shikaku:20191208151411p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年1月)

この問題は磁束密度Bとは何か?をよく考えると答えが見えてきます

磁束密度=磁束の単位面積当たりの面密度 ですが

要は磁場の強さです

 

わざわざ図で表すほどでもありませんが

f:id:musen_shikaku:20191208152815p:plain

こんなイメージになります

 

では、改めて問題文を読んでみると

Aは磁束鎖交数Φを聞かれています

磁束鎖交数は磁束線と交わる数なので

当然、磁束密度Bが大きい方がΦも大きくなります

つまり式で分母にBがあるものは間違いです

 

また、Cも誘導起電力eについてですが

磁束密度B(=磁場)が強い方が起電力も大きい

ことが感覚的にわかるると思います

ですので同じように分母にBがあるものは間違いです

 

答え 5