第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

自由空間基本伝送損とアンテナ利得、実効面積

f:id:musen_shikaku:20191230195456p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年7月)

この問題は何も考えないで過去の出題法則から答えを導き出します

まず、自由空間基本伝送損Lですが

選択肢の多数派が答えになります

f:id:musen_shikaku:20191230195926p:plain

この場合、136になります

そして受信アンテナの絶対利得Gr

このLから受信入力レベルの-35をひきます

136-35=101

その計算結果の下一桁だけ気にします

そして答えは、Lが136、Grの下一桁が1の選択肢になります

 

答え 2