第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

複数の電圧計、電流計で測定できる電圧、電流の最大値

f:id:musen_shikaku:20200224133702p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成27年7月)

 

この手の問題でまず知らなければいけないのは

電流計や電圧計には、流せる最大の電流値が決まっているということです

まずはこれを求めるのが答えへの近道となります

 

この問題では「いっぱい流せる電圧計」と「あまり流せない電圧計」

が組み合わさって配置されているので

a,b間に流せる電流は「あまり流せない電圧計」で決まってしまいます

 

では、それぞれの電圧計にながせる電流はどうやって知るのかというと

オームの法則のI=V/Rをつかって

(流せる電流値)=(最大電圧目盛値)/(内部抵抗)から計算できます

電圧計V=30/30k=1mA

電圧計V=100/200k=0.5mA

となり、あまり流せない電圧計はⅤでその電流量は0.5mAです

よってa,b間に流せる電流も0.5mAになります

 

求めるのは電流が0.5mAを超えない最大の電圧値なので

それぞれの電圧計に0.5mAを流した時の電圧値が答えになります

これもオームの法則V=I✕Rより

(電圧値)=(電流値)✕(内部抵抗)より

電圧計V=0.5/30k=15V

電圧計V=0.5/200k=100V

となり、VとVは直列でつながっているのでこれを足して

115Vが答えとなります

 

答え 2