第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

双ループアンテナの構成、特性

f:id:musen_shikaku:20200320145701p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成30年7月)

双ループアンテナの問題です。

この問題は過去に全く同じ問題が出題されています。

難しく考える事はなく、答えを覚えてしまえば解ける問題です。

 

ループアンテナの間隔は1波長

指向性は反射板付き4ダイポールアンテナと同等

指向性は垂直面内単一指向性

 

これ以外は出ないので安心してください。

ちなみに以下は覚える必要はありませんので

興味があれば読んでみてください。

 

双ループアンテナとは

1波長のループアンテナをλ/2(=0.5波長)の

平行給電線で結び中央から給電するアンテナのことを指します。

垂直面内では単一指向性ですが、水平面内は無指向性となります。

主にUHF帯の送信用アンテナとして使われます。

 

答え

「4」