第一級陸上無線技術士への”裏技”

難関資格である第一級陸上無線技術士をなるべく楽して合格する方法を追求します!

インピーダンスのベクトル軌跡

f:id:musen_shikaku:20200614175002p:plain

出典:第一級陸上無線技術士国家試験(平成29年1月)

周波数とインピーダンスの問題です。

簡単なので一瞬で解いてしまいましょう!

 

覚えておかないといけないことはコンデンサのインピーダンスだけです。

角周波数ω(≒周波数)とインピーダンスの関係ですが

 

ω=0 → インピーダンス無限大

ω=無限大 → インピーダンス0

 

となります。コンデンサは交流は通して、直流は通さないです。

 

では問題を解いてみますが、見るところは実数(横軸)だけです。

縦は虚数軸といいますが関係ないので無視です。

そうするとこのようになります。

f:id:musen_shikaku:20200614175752p:plain

で、ω=0の場合を考えてみます。

ω=0ということは角周波数≒周波数が”0”ということです。

つまり直流電源で考えることができます。

この場合、コンデンサのインピーダンスは無限大となり電気を流さないので回路としてはコンデンサは無視でき、抵抗Rだけとなります。

f:id:musen_shikaku:20200628153250p:plain

よってω=0のときインピーダンスはRとなります。

 

 またω=∞の場合は、周波数が∞の交流電源になります。

この場合、コンデンサの抵抗は0になり回路としては短絡されているのと等しくなります。

f:id:musen_shikaku:20200628153647p:plain

したがってω=∞のときインピーダンスは0となります。

 

 

これよりωとインピーダンスの関係は次のようになります。

f:id:musen_shikaku:20200614180524p:plain

問題の図と比較して一緒のものが答えです。

 

答え「3」